2013年08月14日

エコプロダクツ展

8月4日、鯨井の資源化センターの一角にある「つばさ館」という市の施設で
川越市主催のエコプロダクツ展が開催されました。
エコプロダクツ展は、環境に配慮した製品や取り組みを紹介するイベントです。

蔵の会は、「木の家ネット埼玉」という伝統的な木造技術を生かした
木の家づくりを目指している団体と共同の展示ブースをつくり、
蔵の町の昔からとられてきた伝統的な建物の作り方についての
紹介をパネル展示しました。
DSC_1789.jpg

間口が狭く奥行きが長い町割りの蔵の町では、
光や風などの自然をうまく取り込み、
両隣の住環境にも配慮するように工夫された作り方が
先人から受け継がれてきました。
また、伝統的な技術を使って建物を修理しながら使い続けており、
このような環境共生の伝統、大切に住み続けていく伝統を
将来に引き継いでいくことが、蔵の町並みの保存にもつながっていきます。

また、木の家ネットの大工さんがかんな削りの実演を行い、
削ったかんなくず(削り華)を使った
フラワーアートのワークショップも行いました。
フラワーアートは大盛況で、皆さんヒノキの香りに感心し、
このような再利用の仕方もあることに感心し、熱心に作っていました。
用意していた材料が途中で足りなくなり急きょ裏方で増産という嬉しい悲鳴でした。
DSC_1804.jpg

それから、エコプロダクツと言えば川越の職人さんを忘れてはいけません。
自然の素材を使い、手づくりでものづくりをしている
職人さんの仕事は究極のエコプロダクツと言えます。
蔵の会ではもう10年以上前から色んな職人さんと交流を持っており、
今回は4人の職人さんの仕事を紹介するパネル展示を行いました。
DSC_1793.jpg

参加団体の展示に対して来場者による投票があったのですが、
蔵の会の展示は「エコプロダクツ川越大賞」の優秀賞をいただきました!
8月21日に市役所で表彰式があります。
JCN(ケーブルTV)の取材が入るようですので、
その日のケーブルTVも見てくださいね。
DSC_1802.jpg
posted by 川越蔵の会 at 14:56| Comment(0) | イベント

2013年07月13日

宵の市ご報告

さる7月6日(土)、毎月恒例の宵の市が開催され、
長屋は端唄の会場として使っていただきました。

当日の参加者は8名ほど。
七夕にちなんだ端唄が披露され、夏の夜に情緒あふれる時間となりました。
IMG_0023.JPG

IMG_0005.JPG

今後は2か月に1回ほど開催される予定だそうです。
posted by 川越蔵の会 at 10:37| Comment(0) | イベント

2013年07月03日

第14回長屋の日

さる6月29日(土)に、久々に長屋の日が開催されました!

※長屋の日とは:川越蔵の会の人材人脈を通じて、
素敵な人をゲストに迎えお話を聞くとともに、
会員相互の親睦と長屋の有効活用を図ることにより、
会および地元自治体の発展に寄与することを目的とする勉強会のことです。

今回のゲスト講師は、早稲田大学大学院の院生、佐藤穂奈美さん。
研究テーマに川越を取り上げ、
蔵の会にも取材にいらっしゃったことから縁ができました。

今回は、卒業論文の研究テーマ
「生活環境向上におけるパタンランゲージの効用
〜城下町都市川越を事例として〜」
の内容を蔵の会の会員用にわかりやすく説明していただきました。

↓左端が発表者の佐藤穂奈美さん
第14回長屋の日(130629) 003.JPG
当日は総勢20名を超える方々が参加し、
長屋の2部屋を使用して楽しいひと時を過ごしました。
佐藤さんの発表は的確に要領よくまとめられており、
期待以上の出来栄えでした。

普段あまりお会いできない会員の方々も参加してくださり、
大変有意義な時間となりました。

講師の佐藤さんをはじめご参加くださった早稲田の学生さんや会員の皆様、
ありがとうございました!

↓自己紹介する原会長と会場風景(参加者が多く二間ぶち抜きで)
第14回長屋の日(130629) 006.JPG
posted by 川越蔵の会 at 09:25| Comment(0) | イベント