2013年10月10日

アースデイご報告

さる10月6日(日)、毎年恒例のアースデイに今年も蔵の会が参加しました!
恒例となりました職人さんとタイアップした体験型のワークショップを、今年も織物市場の中庭にて開催しました。

今年の企画は以下の通り行いました!

●庭師のコーナー 
川越造園組合青年部の皆さんとのコラボです。
今年は11月の初めに企画しています「川越 灯りと音と文化の祭典」で街なかのライトアップで使う竹の行灯づくりのワークショップです。
出来上がった250本の竹の行灯は11月2日、3日に、養寿院などのお寺につながる路地に並べる予定です。


●鍛冶のコーナー
 石原の鋸鍛冶 中屋瀧次郎正義とカヌチメタルワークの川久保朋哉のお二人とのコラボで、今年も5寸釘を叩いてペーパーナイフづくりをやってもらいました。その他、お二人の作品展示も行いました。

IMG_0070.JPG

●木挽きのコーナー
 大きな丸太を前挽き大鋸(まえびきおが)という大きなのこぎりを使って挽く体験。
台切りという2人で挽くのこぎりを使っての丸太切り体験です。
秩父の木挽き上林歳明さんとのコラボです。

IMG_0137.JPG

●大工のコーナー
 木の家ネット埼玉の大工さんたちが参加してくださいました。
仕口の模型を使ったクイズラリーや職人技の体験、木の家づくりのパネル展示を行いました。

IMG_0116.JPG

どのコーナーも大盛況で、
参加した子供たちも普段経験できない職人の道具を使っての技を体験し、
楽しんでもらえたのではないかと思います。
ご協力いただいた各団体の皆様に厚くお礼申し上げます。
ありがとうございました!
posted by 川越蔵の会 at 09:31| Comment(0) | イベント